伊丹市腰痛、膝痛、はり・きゅうなら「荻埜はりきゅう接骨院」

はり・きゅう

どんな効果があるの?

鍼・針

治療用に作られた鍼・針を使用することで行われる治療です。

特定の部位やツボに対して、鍼・針を刺入したり接触させることで、刺激量を調整し、健康的な身体作りの手助けをしてくれます。

総合的に、鍼灸の刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用します。

その結果として、筋緊張の緩和や血液及びリンパ液循環の改善を促します。

生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)そのものを改善させる働きがあると考えられています。

また、諸説がありますが、痛みの軽減や抑制など鎮痛効果もあるとされています。

お灸

ヨモギの成分に含まれるチネオールという精油成分が皮下に浸透し、温熱効果によって血行が改善されるだけでなく、鎮痛効果やリラックス効果も期待できます。

自律神経に作用することで、内分泌に影響を与え白血球の増進を促します。

それにより、免疫機能の改善など身体の調子を改善してくれます。

 

ツボってなに?

鍼灸・針治療やマッサージなどを受けるときに、ツボという言葉を聞くかもしれません。

人間の身体には『経絡(けいらく)』というエネルギーの流れがあると考えられています。
経絡(けいらく)は『線』になっており、身体のさまざまな場所を繋いでいます。

そして、経絡の線上に存在する大切な『点』が経穴(けいけつ)です。
この経穴(けいけつ)と呼ばれているものが、一般的に呼ばれるツボを示しています。

身体の全身にあるとされているツボは、主に大事な神経や血管、筋肉などの重要な場所に存在していることがほとんどです。

トリガーポイントといった西洋医療が効果のある治療点と考えているポイント数千年前から効果があると考えられたポイント

かなりの部分一致しています。

 

注目されている鍼灸治療

スポーツの分野ではトレーナーという、選手のサポートを仕事とする人が多数存在します。
アスリートが素晴らしい実力を発揮するには周りのサポートが不可欠なのです。

また最近ではアメリカで、今まで鍼治療を使用していなかった医師、理学療法士(リハビリの先生)も鍼の治療効果に気づき

クリーンニードルといった鍼治療が盛んに行われ始めています。(日本では医師とはり師にしか使用を認められていません)

トップトレーナーも、実は鍼灸の資格を持っている先生が多いです。

スポーツを楽しむ方が増えていることから、日々のケアやパフォーマンス向上の為に、鍼灸・針治療を受診している人も増えています。
また、世界的にも健康になるための治療法として、海外セレブでも施術を受ける方がいます。

 

 

会社経営者や政治家なども密かに鍼灸治療を受けている人たちがいたり、鍼灸・針治療が好きで会社に鍼灸院を併設してしまうような会社も存在します。

今まではりは怖いと敬遠していた方も当院ではりきゅう治療デビューしませんか?


よくある質問~Q&A~

骨盤や背骨のバランスが崩れると膝が痛くなるのはなぜですか?

骨盤や背骨は身体の中心にあります。このバランスのズレは身体全ての関節に影響があります。特に脚への負担が増えてしまいます。O脚やエックス脚になりやすく、その場合には痛みに変わってしまいます。

骨盤や背骨のバランスが崩れると他の関節にも影響がありますか?

骨盤や背骨のバランスが崩れると腰や肩、股関節にも影響があります。だるさや疲れやすさなどから酷くなると痛みに変わってしまいます。骨盤や背骨のバランスを調整することで痛みだけでなく、疲労やだるさ、むくみも改善できます。

骨盤や背骨のズレの矯正は痛みはありますか?

痛みはありません。ただし個人差がありますので、ゆがみや症状を相談しながらの矯正になります。

膝の関節の歪みを根本から調整して症状を軽減できますか?

関節の歪みを矯正することで、根本から原因を取り除き、症状を軽減することができます。ただし軟骨が極端にすり減っていたり、過去に骨折などのケガをして手術をした場合は、矯正をしてもお悩みが解消されることはありません。

膝の関節を矯正すれば、元どおりスポーツができるようになりますか?

膝の関節の状態によります。生活習慣の悪さやスポーツでのケガなど原因は様々ですが、関節のゆがみや軟骨の状態があまりにもひどい場合には整骨院で適応ではありません。スポーツへの復帰を望むのであれば、十分な検査が必要です。

膝の関節への負担を軽減したいのですが、解消できますか?

当院は膝への矯正だけでなく、体重を減らしたい場合にも相談に乗らせていただいております。

親子での施術を希望する場合、2人同時に受けられますか?

人によって状態が違いますので、お一人ずつの受診になります。一人ひとりにあった手技をさせていただいておりますので、ご了承ください。

腰が痛い場合には、膝と同時に施術してもらえますか?

可能です。重症の場合で、お時間がかかる場合には別途料金が必要な場合もあります。

生活習慣の改善や健康の維持のために通院することは可能ですか?

もちろん可能です。ただし保険の適応はありません。

膝の状態を維持するための運動や自宅でのマッサージを指導してもらえますか?

得意とするところです。ぜひご相談ください。

病院の治療とはどこが違うのですか?

病院ではレントゲンをみて、骨格や関節の状態を見るだけです。軟骨が減っているとか、ズレがあるとか、ゆがみがあるとか、そういう原因しかみてもらえません。当院では、骨格のズレを引き起こしている筋肉へのアプローチを中心に手技をさせていただいております。

 

TOPへ